本文へスキップ


沿  革
COMPANY HISTORY





昭和43年(1968)
・排気系ベローズ、精密用ベローズ研究開発 着手
昭和50年(1975) 10月
・製造特許取得により量産化に向け 日本ベローズ工業株式会社 設立
昭和51年(1976)  4月
・自動車排気用Bellows生産販売 開始

・いすゞ自動車褐けにフレキ納入 開始
昭和54年(1979)  2月 
・ベローズシールバルブ研究開発 着手
昭和55年(1980)  4月

           6月
・ベローズシールバルブ生産販売 開始

・フタバ産業褐けにフレキ納入 開始

・生産拡大に伴ない 安城工場(愛知県安城市・借工場) 開設
昭和57年(1982)  4月
・ベローズシールバルブの本格的な製造・販売 開始
昭和60年(1985)  6月
・安城工場(愛知県安城市・自社工場) 開設

 (新工場へ移設に伴ない、安城工場(借工場) 閉鎖)

・生産自動化ライン 導入
平成 2年(1990)  4月

          7月
・自動化ラインの導入により安城工場 拡張

・本社工場のベローズシールバルブ生産ライン 拡張
平成 4年(1992)  4月

          12月   
・本社新社屋(神奈川県川崎市) 建設

・安城工場にベローズ生産設備 増設   
平成 6年(1994)  4月

          10月
・ハイドロフォーミング加工技術開発 着手

・エキゾーストマニホールド加工 確立
平成 9年(1997)  7月
・安城工場に溶接ライン 増設
平成10年(1998)  9月

           11月
・半導体関連製品の生産に向け 本社第2工場(神奈川県川崎市) 開設

・エキマニ製品の拡大によりベンダー設備 増設
平成11年(1999)  5月
・新製品の拡大に伴ない 知立工場(愛知県知立市) 開設
平成12年(2000)  4月
・溶接ライン、大型プレス設備 増設
平成14年(2002)  3月
・中国天津市にフレキ生産に向け 天津貝魯斯管業有限公司 設立(投資)
平成16年(2004)  7月

           9月

           11月
・天津貝魯斯管業有限公司にてフレキ生産 開始

・生産拡大に伴ない 安城第2工場(愛知県安城市) 開設

・安城第3工場(愛知県安城市) 開設    
平成18年(2006)  8月 
・ハイドロフォーミング製品生産に向け新規設備 導入
平成19年(2007)  1月
・ハイドロフォーミング製品の生産販売 開始 
平成20年(2008)  7月

           8月
・安城第2工場、安城第3工場、知立工場 閉鎖 ※幸田工場へ統合

・工場集約による生産効率向上に向け 幸田工場(愛知県額田郡) 開設

・ハイドロフォーミング受注拡大に向け新規設備 導入
平成21年(2009)  6月
・幸田工場 JIS Q 9001:2000(ISO 9001:2000)認証 取得
平成22年(2010)  9月
・幸田工場 JIS Q 9001:2008(ISO 9001:2008)登録 更新
平成23年(2011) 10月
・本社、川崎工場、幸田工場 JIS Q 14001:2004(ISO 14001:2004)認証 取得
平成25年(2013) 4月
・潟eィラド 品質優良賞 受賞
平成27年(2015) 3月

          4月

          12月
・天津貝魯斯管業有限公司でのフレキ生産 終了

・フタバ産業梶@品質優良・原価改善優秀賞 受賞

・ハイドロフォーミング受注拡大に向け新規設備 導入
平成28年(2016) 11月
・レーザー溶接機 導入
平成29年(2017) 4月

          

          5月
・潟eィラド 品質優良賞 受賞

・マシニングセンター、NC旋盤 導入

・幸田工場 JIS Q 9001:2015(ISO 9001:2015)認証 取得

・本社、幸田工場 JIS Q 14001:2015(ISO 14001:2015)認証 取得
令和2年(2020)  2月
・北上工場(岩手県北上市) 開設